陶陶(たうたう) 津市

陶陶(たうたう) 津市

陶陶と書いてたうたうと読みますが、あの「赤福」グループが経営する中華料理店になります。

伊勢店と津市の2店舗のみですが、広くて清潔な店内とコスパの高い本格的な中華料理が味わえるおすすめの中華料理店です。

伊勢店は外宮近く、津店は津駅近くでアクセスもまずまず。カップル・ファミリー・グループ、新年会や忘年会などでも、シチュエーションを選ばずに利用できるお店だと思います。

Advertisement

陶陶 たうたう 津市 概要

津市の陶陶(たうたう)は、イオンモール津桜橋近くにあり、2020年でオープン31周年!

当時は県内には陶陶さんのようなちょっと高級感がある中華街のお店っぽい雰囲気のお店はあまりなかったこともあり、よく伺いましたね。

久しぶりに当時を思い出しながら利用させて頂きました。

陶陶 たうたう メニュー

陶陶(たうたう)さんにはコースメニューもあり、本来ならこういうリッチ感のある中華料理屋さんなのでテーブル回転させーのコース料理をみんなでシェアするのが雰囲気出ます。

でもとりあえずは単品メニューです。

大きく分けると

  • 前菜料理
  • スープ
  • 海鮮料理
  • 牛・豚・鶏の肉料理
  • ご飯もの
  • 麺類

という感じです。

値段は平均すると1500円前後という価格帯で、若干高めの印象はありますがお店の雰囲気を味から見ると逆に少し安く感じるのは気のせいでしょうか?

どれも見た目はこってりした感じに見えますけど、食べてみると案外そんなことはなく塩っ辛い濃さではなく旨みの濃さという感じでした。

味的には広東料理と上海料理を併せ持っているようなイメージを持っています。

Advertisement

陶陶(たうたう) 津市 実食メニュー

XO醬やオイスターソース系の色の黒い、ちょっと濃い目で甘さのあるのが全体的な陶陶(たうたう)さんの料理の特徴だと思います。

葱とチャーシューの汁そば

どこか懐かしい味のする甘みのあるしょうゆ系ラーメンです。甘みの元はオイスターソースですかね?

普段ラーメン系を嫌ううちの妻が珍しく気に入っていたのが印象的でした。

麻婆豆腐

最初見た瞬間「混ぜ過ぎじゃないの?」と思うぐらい豆腐が細かいです(^_^;)

これが陶陶(たうたう)津市店のスタイルのようです。陶陶(たうたう)さんは伊勢本店と津市店がありますが、全く同じではないという事がわかりました。

伊勢店は豆腐を崩していない普通の麻婆豆腐でしたから(後日持ち帰りで頂きました)、メニューも料理スタイルも多少の違いがあるようです。

お店に聞いても見ましたが、「全く同じではないですね」という回答を頂きました。

伊勢店は一品料理は殆んどテイクアウトできますけど津市では決まったメニューしか持ち帰りはできません。

でもそれはそれで使い分けできるのでいいかなと思います。

天津飯

上品でいてしっかりした味。よくお酢を使ったあんかけもありますけど、陶陶(たうたう)さんの天津飯は甘酢あんという感じではなく、スープ系で甘みのあるもの。

トロミはキツ目でちょうどよく、ご飯にしみこんでしまうのがあまり好きではない方なので私にとってはベストのあんでした。

 

陶陶(たうたう) 津市 メニュー 持ち帰り

陶陶(たうたう)さんで持ち帰りが出来るのはこのお弁当。

2,000円からの高級弁当になります。ただし材料の都合等で前日予約でしか受け付けてもらえず、急に今日食べたいと思っても対応できないのはネックですね。

法事や会社用として予約して購入するのが主な使い方になるのかなと思います。

先日お盆の休み前の社員さんに出させて頂くお弁当を陶陶(たうたう)さんでと思ったのですが、食材の入荷状況がよくなくお弁当ができないとのことで今回は見送らざるを得なくなりました。

残念です。

何とか上手に対応して欲しいなと思いました。

陶陶 たうたう 店舗情報

最後になりましたが、陶陶(たうたう)さんの店舗情報です。

● 住所:〒 514-0003 三重県津市桜橋3-446

● 電話:059-223-1010

● 営業時間:平日ランチタイム 11:00 ~ L.O.14:00 / ディナータイム 17:00 ~ L.O.20:00

● 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日火曜日休み)

● 座席数:180席(大小個室もあり)

● 駐車場:70台(かなり広いです)

お得なランチコースやディナーコースも用意されていますので、ご家族やお仲間とのだんらんをお楽しみいただけると思います。

浜木綿さんもいいですけど陶陶(たうたう)さんもいいですよ!

浜木綿さん(津店)の記事はコチラです(^^b

 

 

『エアコン無料回収王』お申込みプロモーション